4・5月の神子元島

4・5月の神子元島

4月になると水温の上昇とともに魚の活性もグンとアップします。春濁りの影響で透明度にはばらつきがでますが、海中はたくさんのプランクトンで栄養豊富。大型の回遊魚の群れ、トビエイとホシエイの編成部隊、底性の大型生物といった具合に、各エリア中層〜ボトムまで見所がいっぱい、生物の多さには目を見張る物があります。春ならではの神子元をお楽しみください。

水温

〜18℃

透視度

10m前後

狙い目

一押しはカンパチの大群
春〜梅雨にかけて数十匹〜数百匹の群れに遭遇する事が可能、春夏秋冬1シーズンの中で最も規模の大きな群れをつくります。海中はタカベ、イサキ等の活性が上がるため、それを追い回すカンパチとの遭遇率もアップ。大きい物では人間サイズの老成魚(外洋ならでは)、メートルクラスの成魚が見られます。群れの中には高確率で混ざっているので是非観察してみて下さい。カンパチの群れを長時間見るには、着底したり、追いすぎず一定の距離を保つことがポイントになります。一度体験するとやみつきになりますよ、是非チャレンジを 。
各種エイ類
トビエイ&ホシエイの編隊、マダラエイ、ウシエイ、ヒラタエイ、等が各エリアで観察出来ます。ボトム〜中・上層までしっかりチェック。トビエイとホシエイは水温20℃を切る位の状況の時に中層〜上層で大きな群れをな編成します。
底性生物
冬期に引き続き底性の各種サメ類は健在、1ダイブで何種類見れるか・・・これも一つの楽しみ方ですね。
他にも・・・
ワラサの群れ、大型のシマアジ(通称オオカミ)は大迫力、ヒラマサ、マンボウとも遭遇可能。またタカベ、イサキ、メジナ、ニザダイなど数種類の魚達がプランクトンを求め中層〜上層で混ざり合って群れを形成し、更にその中にカンパチやトビエイの群れが混ざり込む様な面白いシーンも多々見られるのもこの時期ならでは。大きいところではメジロザメ、ここ数年姿を見せませんが梅雨前後の江ノ口、三ツ根ではシロワニが堂々たる姿を現す年もあります。

ダイビングスタイル

各エリアで上記の生物と遭遇の可能性が有ります。状況に応じて神子元周りに点在する様々なエリアをファンダイブ致します。

この時期は・・・

気温も上昇しポカポカ陽気が多くなります。ダイビングの装備はドライスーツを利用しインナーを調整するのが快適。個人差もありますので6.5mウェットスーツもしくは5mmウェットスーツにフードベスト、5mmウェットスーツの2ピースでも勿論OK。休憩中は濡れたままのスーツを着ているより、体を拭き防寒具を着る等、工夫をすると更にgood!ダイビング後の疲れが軽減されます。当日の天候、水温等情報をしっかりチェックしましょう。混雑のないときには神子元島に上陸し、水面休息を行うことも多々、未体験の方は是非。

見所いっぱい、春の神子元島を是非お楽しみ下さい

721 views

D.S. 海遊社 415-0152 静岡県賀茂郡南伊豆町湊898-2 0558-62-3650 info@290.jp

Subscribe / Share